何にでもメリットとデメリットがありますが、

携帯乞食も例外ではありません。

しかし、どのビジネスに比べてもデメリットが少ないのは確かです。

まず始める前に最低限理解しておいてくださいね^^

メリット

即金性

何と言っても携帯乞食のいいところは、

即金性と利益率が抜群に高いことですね^^

契約したその日に端末をもらえるので、

すぐにドナドナしてしまっても契約した人の自由かと^^;

 

キャッシュバックは契約した店舗によりますが、

その日にもらえるところもあれば、

数ヶ月後にもらえるところもあります。

 

キャッシュバックに商品券を使っているところが多いので使い道に困りますが、

金券ショップに買い取ってもらうと90%〜97%くらいになってしまいます。

せどりを一緒に覚えることで商品券を100%以上で現金にすることも可能ですので、

せどりを覚えることをオススメします。

商品券の換金率を100%以上にした方法

 

節約術

携帯乞食はキャッシュバックで利益を出すだけではありません。

仕組みを理解すれば自分の携帯代をものすごく安くすることも可能なんですね^^

長く同じキャリアを使えば使うほど損をしてしまうおかしな仕組みですので、

うまく乗り換えをして運用することで最大で1000円代ぐらいまでは下げれると思います。

私の場合は2000円くらいで使っていますが、

同じプランで長く使っている人であれば6000円くらいかかってくるでしょう^^;

既存ユーザーに得をするサービスも展開し始めていますが、

今の段階では乗り換えを繰り返すほうが安くなるのは間違いないと思います。

2年間で10万円くらい違う場合もありますので、

キャッシュバックの副収入と節約術で今よりも裕福な生活を手に入れてください^^

 

家族がいるほど稼げる

家庭持ちほど毎月のお金がかかったり、

我慢する生活を余儀なくされてしまいがちです。

新しいことを始めたいけど家族がいるから今更何も出来ない…

携帯乞食は家族がいればいるほど(小さい子供は利用者登録ぐらい)回線を持てますので、

単身よりも大きく稼ぐことができます。

もちろん管理はちょっと大変になりますけど、

人生を変えるチャンスですので私は利用しない理由はないと思います。

夫の名義から乗り換える時に妻名義に変更なんてこともできますから柔軟性も増します。

 

デメリット

短期解約でブラックになる可能性がある

これは短期解約をした場合なので、

しなければ良い話です^^;

 

・auは90日以内

・docomoは180日以内

・SoftBankは180日以内

 

ネットの情報でキャリアの正式な情報ではないですが、

乞食のルールとしてはこの期間を守ればブラックリスト入りは無いとされています。

最低この期間は維持しなければいけないので、

維持費をしっかり計算して契約しないと赤字なんてこともあり得てしまいますので、

ご注意ください^^;

 

万が一ブラックになってしまったとしても、

一生ではないようですのでご安心ください^^

基準はわかりませんが、

6ヶ月〜1年でリストから外れるという噂です。

これもキャリアが正式に情報をくれるわけではないのであくまでも参考程度に考えてくださいね^^;

 

気まずい

これが最大のデメリットだと私は思っています笑

何度も契約していると顔を覚えられてなんだか気まずくなります^^;

契約する店舗を変えて、

プラン変更するショップも変えてやっていけば少しは楽かな?

日本人は恥ずかしがり屋が多いですからね。

グイグイ行ける方ならなんでこんなことがデメリットなのか?と思うでしょうが、

私は何度も店員さんと話すことが苦痛でした(´Д`)

 

回線の管理

もちろん回線の管理をする必要があります。

電話番号はもちろん控えておきましょう!

 

・契約した日付

・プラン変更は最安にできているか?

・SIMカードは?

 

私の場合は100均でちっちゃい袋と紙切れで、

電話番号、機種名書いて、SIMカードと一緒に、

袋に入れて保管しています。

SIMカードは必要ないっちゃ必要ないんですけど、

機種変で美味しい案件がある場合にSIMカードの提示を求められることがあります。

3240円でショップで再発行してもらうことはできますけど、

それだったら保管しておいたほうがいいですよね^^

契約に日にちは別データで保管しています☆

 

ちなみにこんな袋に入れています^^;↓
保管

携帯乞食の始め方 携帯乞食とは?へ戻る

LINE@ではより貴重な情報を発信しますので
登録よろしくお願いいたします^^

友だち追加

 

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ