めぐです。

Amazonアカウント運用は一つでしょうか?

私は3つほどAmazonアカウントを持っています。

今回はアカウントを複数持つメリットとデメリットを解説していきます。

特に新品系をメインに扱っている方は、
よく理解して複数アカウントを運用することをオススメいたします。

 

 

Amazon複数アカウントを持つメリット

Amazonのアカウントを複数持ちたいということは
それなりに仕入れができる人だと思います。

なぜAmazonアカウントを複数持ちたいのでしょうか?

その一番のメリットは

【カート取得率の向上】

これしか無いですね!

 

ちょっとグレーなものを販売しているからリスクヘッジの為など

他の理由もあるかもしれませんが、
複数アカウントを持っていての一番の利点は
カートの順番が2回回ってくることによる
カート取得率アップだと思います。

 

Amazonの新品商品のほとんどが
カートから買われることがほとんどです。

そのカートの奪い合いから価格競争が生まれて、
値下げ合戦が始まるわけです。

それほど重要なカートですが、
アカウントを複数持っていれば、
カートの順番が2回くるので
1つのアカウントよりも2倍売れるってことですね。

 

しかし、Amazonでは複数アカウントを持つことは
規約違反となっております。

複数アカウントを運用する際は自己責任になります。

それでも、アカウントを複数運用するというのは、
それだけで売上が大幅にアップする為
うまいこと運用したいところです。

 

ちなみにカートが2回取れるというのは、
リピートして仕入れられる商品をいくつも持っている人
に効果を発揮するという話です。

一回限りの商品に対しては全く意味を持たないので、
まだその日限りの仕入れをしている方は、
すぐにリピートで仕入れるスタイルに切り替える必要があります。

利益率が低くてもカート取得率が上がれば、
月の利益は大幅にアップしますからね。

 

 

Amazonアカウントを複数持つことのデメリット

先程も記載しましたように、
Amazonでは複数アカウントを持つことは禁止しています。

それは当然カートの存在があるため、
いくつもアカウントを運用されてしまうと、
独占して販売することも可能となってしまうためです。

 

バレないように運用すればいいのですが、
結構チェック体制は厳しくIPアドレスなどでも
バレることもありますので運用していくリスクも大きいと思います。

 

デメリットとしてはバレた時に外のアカウントも紐づけされて、
全てのアカウントが閉鎖されてしまうリスクがあるということでしょうか。

 

なかなかリスクにビビってしまい、
アカウントを複数運用するということに
踏み出せないという方は結構いると思います。

しかし、今はヘルビとか食品の申請も無いし、
閉鎖したらまた作ればいいのかなーなんて思っています。
(もちろん自分の名前では作れないですけど)

 

バレないように運用するということを理解すれば、
リスクを回避して100%とはいきませんが、
高確率で運用していけると思います。

もちろん内部のことはAmazonにしかわかりませんが、
運用している人の中での情報共有でなんとなくこうした方がいいんじゃないかって
話はいくつかあります。

 

次回はそんな話を書いていこうと思います。