めぐです。

現在のせどりの調子ですがAmazonのFBA手数料値上げで
どうなるかと思いましたが意外と順調です。

ダメになっては違うこと考えて

ダメになっては違うこと考えて

・・・

・・・

こんな感じで繰り返しているのですが、
なんだかんだなんとかなるものですねw

そして、そういった経験をすることで自分がレベルアップしているように感じます。

 

今回は最近の私の現在行っている手法の中で思ったことを書いていこうと思います。

 

 

モノレートより大事なこと

せどりといったらモノレートですね。

これは誰しもが一番最初に勉強することです。

モノレートを見て、売れている商品なのか?

いくらで売れているのか?

スパンはどのぐらいなのか?

出品者は?

など、せどりに必要な情報が詰まっているわけです。

 

しかし、最近は昔のようにはいかないと思うようになりました。

 

 

せどり人口の増加

当たり前ですがせどり人口がめちゃめちゃ増加しました。

・誰にでも手に入る情報

・情報発信者によるコンサルや教材

・メディアに取り上げられるなど

 

景気の悪い現在は誰にでもできる副業としてはかなり魅力的ですよね。

 

 

良いものにはライバルが群がる

当然ですが良いなと思った商品については、
他のライバルも良いなと思って仕入れをします。

実際モノレート見たタイミングと、
Amazonで売り出すタイミングにはタイムラグが生じて、
ライバルが増えて値下げ合戦になることが多いです。

最近ではよっぽど回転の良いものじゃないと、
中期やロングテールの商品はなかなか利益を出すどころか、
赤字になることが多いように感じます。

 

 

モノレートに頼らない目を持つ

そもそもなぜ商品が売れるのか考えながら仕入れをしていますか?

中古がある商品であれば新品と中古のどちらが需要があるのか?

安ければ売れるのか?

便利だから売れるのか?

どんな年齢層が買うのか?

色々な理由があると思います。

 

モノレートの波がうっていても、
それが本当に同じコンディションのものが売れているのでしょうか?

最安値が売れているのでしょうか?

プライムが売れているのでしょうか?

 

こういうことを考え検証すると、
自分にしかできないことが出来たりします。

誰も教えてくれない自分だけのノウハウが出来たりします。

 

モノレートの表示がない商品でも仕入れることができる。

Amazonに商品自体存在しない商品でも、
自分で開拓して販売できる。

 

最近は自分で商品ページを作ることが多いです。

 

 

バイヤーとしての資質が大事

なかなか仕入れができない。

仕入れてもライバルと価格競争が起きて、
赤字になってしまった。

こんな状態ではせっかく稼ぐために始めたせどりでも、
赤字にあって逆効果です。

今のせどりには自分で切り開く
バイヤーとしての資質が大事になってくると私は思います。

 

売れる商品を見つける

今言う売れる商品を見つけるというのは、
モノレートを見て見つけるのでは無いです。

世の中の情報を収集しながら売れる商品を見つけるということ。

 

ヤフーリアルタイムを使っていますか?

世の中のリアルな声が聞こえてきます。

テレビ番組で紹介された商品などチェックしていますか?

Amazonや楽天、ヤフーショッピングでどんなものが売れているか、
リサーチしたことがありますか?

 

売れてたから売れるという、
少し前のモノレートせどりから

自分が切り開くバイヤーせどりに切り替えていかないと、
今後生き残るのは至難の技です。

 

売れる本質を考える。

どんなキーワードが検索されているのか?

そういうところにヒントがいっぱい隠されています。

こういうのは昔アフィリエイトの勉強をしていた時の、
トレンドアフィリなどのノウハウが活かされました。

キーワード選定なんているのはアフィリの基本ですからね。

Amazonで検索されているキーワードだって、
たくさんあるわけで、その検索されているキーワードを
組み込んだ商品ページにしないと当然見つけてもらえません。

Amazonでなぜ売れるのかはたくさんの人に見てもらえているからです。

あとは便利だからとか色々ありますけど。

世の中の需要が高まると検索する人が増えます。

するとAmazonの上位表示効果で自然とAmazonでの検索も増えるわけです。

そんなことを色々考えながら日々リサーチをしています。

 

 

カテゴリー出品制限が無くなったのは知っていますか?

実は私もつい先日知ったのですが、
前まで色々書類を集めて出品制限解除をしないと販売できなかった
カテゴリーが制限が無くなりました。

 

え?うそ?まじで?

 

って私も誰かの情報発信から見たものだったので、
テクニカルサポートに連絡して確認したのですが

 

マジな話でした。

 

商品ごとに制限がある商品は存在するが、
今はカテゴリーの制限が無くなったとの回答を得ることができました。

別記事でアップしようと思います。

【最新版】Amazon出品制限解除方法!2018年5月出品制限申請が廃止へ!

 

つまりは、誰でもオールジャンルで勝負できるし、
ちょっと強気でリスキーな売り方でも、
最悪アカウント別名で作れれば死活問題にはならないってこと。

これって結構やばいっすね。

 

だから少し前にオリジナルで開拓した、
販売方法も売れ筋商品だけ復活させて販売しています。

 

規制があれば緩和もあるということですね。

このチャンスを無駄にしないように、
頑張っていきましょう^^